自毛による植毛の3つ方法

category01

主に男性の薄毛の治療には各種薬物治療がありますが、自毛による植毛が高い評価を受けています。


この自毛植毛には、種類があり、従来から行われてきた方法がニードル法です。



これは韓国で生まれた方法で、専用の植毛針によって自分自身の健康な毛髪を採取し、薄くなった部位に植え込みます。



ただし1本ずつ手作業で行うため、移植密度には限度があり、自然なボリュームが生まれにくいという欠点があります。


また生着率もそれほど高くありません。
次に用いられている方法が、ストリップ法です。側頭部などから健康な毛髪を採取し、スリットを作成してから移植します。
ただし後頭部の毛髪部をメスで切り取ってから、縫合するので傷痕が残ります。

比較的低料金ですが、ダインタイムにはある程度の時間が掛かります。

最も需要があるのはダイレクト法です。略してFUEと呼ぶこともある方法で、自分自身の健康な毛髪をドナーとして採取後、ホールを作成して移植します。


側頭部などから毛髪を採取するのはストリップ法と同じですが、特殊な精密機器を使用するのが特徴です。


専用の機器には口径約1mm程度のチューブ型パンチがあり、これによってドナーを採取してから、移植部に毛穴を作って植毛します。
この方法ではメスを使わないため、縫合痕も残らず、ダウンタイムも短くて済みます。


またすでに毛穴がなくなってしまった部位にも、毛穴を作って植毛できます。



ただし、医師の技術に左右されることの多い施術です。

学ぼう医療の事

category02

顔立ちが暗く見られて困っている人は、目や鼻などの顔のパーツが問題なのではなく、髪の毛の生え際の形が問題になっている可能性もあります。植毛を行っている人の中には、ただ自由に髪型を変えられる事を目指すのではなく、顔立ちの変化を目的にしている人も多いです。...

subpage

注目情報

category02

植毛をするには髪がある程度残っていることが条件となるので、早めに検討をしたほうが有利です。植毛する髪の毛自体が少なくなってくると、移植することができなくなります。...

subpage

医療のテクニック

category03

多くの人は頭髪が薄くなると人生の終わりのように嘆きはするものの、具体的な対策は何一つ行うことなくさらにボリュームが失われていくのをただ眺めるのみです。かつてはこのような薄毛にあまり打つ手も多くはなかったのも事実ですが、最近では医学や技術の進歩によって様々な手を打つことができるようになってきました。...

subpage

知りたい医療事情

category04

健康な髪の毛がほとんどないという人でも毛髪をある程度再現することができるのが人工植毛です。人工血管にも使用されている特殊なポリエチレン素材を使用し、一本一本頭皮に植え付けていきます。...

subpage